トップページ事業内容TAK in KAAT

事業内容

TAK in KAAT

「神奈川の地で活動し続け50年。神奈川県演劇連盟が誰にも負けないもう一つの演劇の形を、皆様にお届けします。」をキャッチフレーズに、「KAAT神奈川芸術劇場OPENING LINEUP」の1つとして、2011年4月に始まった企画が "TAK in KAAT (Theater Association of Kanagawa in KAnagawa Arts Theatre)" です。

【次回公演】
TAK in KAAT『pinky』

【日時】
2019年3月27日(水)19:30、28日(木)19:30、29日(金)19:30、30日(土)14:00/18:00、31日(日)14:00
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場
【料金】(前売・当日共通/指定席)
一般:3,500円、前半割(27・28日のみ)3,000円、U24(24歳以下)2,500円
【予約・問い合わせ】
TAK in KAAT『pinky』特設サイト
URL:http://www.rasen-k.com/pinky/
【あらすじ/作・演出/出演】
TAK in KAAT 9年目を迎える今回の総合タイトルは『pinky』、そして舞台はラブホテル。その2つだけを足掛かりに演劇プロデュース『螺旋階段』、劇団820製作所、劇団スクランブルが同じ舞台装置を使って30分ほどの演劇を3本お届けします。特色の違う3団体の芝居をご期待ください。
【スタッフ】
舞台監督:上田知
照明:江見千尋
音響:斎藤裕喜(Québec)
舞台美術:奈良花美(劇団夢幻)
宣伝美術:伊藤誠(technicute/青春事情)
制作:松本悠(青春事情)、山下那津子
【主催】
神奈川県演劇連盟
【提携】
KAAT神奈川芸術劇場

TAK in KAAT チラシギャラリー

※チラシ画像をクリックすると拡大され、裏表全てのページを閲覧して頂けます。

TWITTR